漏水したときのオランダと日本の違い

漏水したときのオランダと日本の違いで最も大きいのは、工事会社のスタッフの対応でしょう。
日本の場合だと、その日のうちにプロに来てもらえることが多いのですが、
オランダではなかなかそうもいきません。
オランダは、北部であればゲルマン系なので、時間を守ろうとする面がなくもないのですが、
南部だとラテン系な感じが強くなり、いわゆる大陸時間と呼ばれる動き方になります。
あまり時間にこだわらないというか。
待ってる方もあまりカリカリしないで、鷹揚に構えているものなんでしょうかね。
日本だと時間厳守が結構徹底していますので、それに慣れ切っていた場合、
ストレスを感じることもありそうです。
工事の内容も、必要最小限といった感じになりがちです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です