文化交流は、水と油を二相流で混ぜ合わせるようなもの。

日本と一番友好的な国と言ったら、今ではアメリカ(真意はわかりませんが)ですが、
鎖国時でなら断然オランダ以外の選択肢はありません。
なにせ字のごとく閉鎖している時にも、オランダだけは例外扱いなのですから疑う余地はないでしょう。
とはいえ、オランダが当時キリスト教を布教させようとしていたら、簡単に関係が終わっていたでしょうが。
異なる文化と文化で交流というのはとても難しいことで、まさに水と油を二相流で混ぜ合わせるようなもの。
現在でも苦労しているくらいなのですから、過去の先人たちがどれだけ苦労したかは推測し、
共感出来る域を超えている気がしますね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です